知る人ぞ知る幻パン

こんにちはー!!

6月に登場する知る人ぞ知る幻パン!!

これは何のパンでしょうか!(笑)

お楽しみに!!

早朝からおいしく焼いています

朝8時 焼き立てのメロンパンが 工場じゅうににおいを充満させて

包装機で袋詰めをされお客さんに向けて出荷されるのを待っています。

その隣に 黒糖黒豆が控えています。

グルマン、一つ一つ丁寧に手焼きしています。 いつもの光景だけど やっぱり

魅力的な瞬間です。

新しい食材に挑戦

この種 なんだと思います?? トンカ豆といいます。この香りのよさは、注目されているそうです。

これを、牛乳で煮出して香りをうつし、それをパンの中に入れて使っています。

ちょっと触っただけでも くんくんなんとも言えないバニラのような甘ーい香り。

グルマンでは、これを使ったパンを焼き上げました。

毎月 一度、 グルマン一宮店で開催する 店長試作会に登場!!

ファイスブックで流れてきた情報で くんくん 嗅ぎ付け 取り寄せました。

社長 「うまいなーこれ はよ 商品に出せ!!」と一喝。

これを食べたお客さんの顔を想像するだけでもわくわくです!!

ドイツパン本格的に焼き上げるために・・・

某有名ドイツパンシェフの講習会に チーフが参加しました。

やっぱりうまいなーとむしゃむしゃ試食中!!

ちょっぴり酸味の感じられるドイツパンですが、パンの文化がしっかり感じられます。

グルマンでもチーフが奮闘して焼き上げ商品になります。

おいしい!!おいしい!!。

へー大野さん涙ぐましい努力です。

グルマン垂井店には、ワインを販売しています。

でも、ただ、なんとなくおいているだけではありません。担当の大野さんが問屋さんの試飲会で実際においしい!!と思うものをチョイスして注文しています。

これは、あと5本しかないワインで彼女のおすすめのワインです。石窯のパンと一緒に・・・

なんてプレミアム!!  つくずくグルマンはなんてアピールが苦手なのか?考えさせられてしまいます。

Untitled

これは、何でしょう??

正解は、アップルパイのりんごを煮ている様子です。 表現ができていませんが、ぐつぐつ、とっても熱そうで、写真撮らせて―と近づくと・・・・

「アッツイ から気よつけて!!」と注意されました。 でもその中にあるりんごは、おいしさをいっぱいまとわり付けておいしそうだろーエッヘン。と自信に満ちたかんじ。

職人に聞きました。これどうやって味付けしてるの?

フレッシュバターでコーティングして砂糖で煮詰めています。

私  水は入ってないの??

職人 水分はリンゴの中からでる果汁。これを煮詰めます。

私  どうりで水が沸騰した状態でなく、こんなかめちゃくちゃ熱いんやろうね。

職人 この熱でおいしさが一緒に閉じ込められる。

私  手間かかっとるね-

こんなやり取りがありました。

一つの商品を作るのに、一人一人の職人のこだわりを包んでいるんだなー

おいしさは、心意気です。

 

人気のピザのできあがり。

グルマンの職人に 最近売れているのなに??ときいたら 意外とピザが売れているんです。とかえってきました。

グルマンでは、冷凍で販売しているピザです。 冷凍のピザは巷ではたくさん売っていますよね。 グルマンで買うピザにお客さんは何を期待するか??そんなことを考えてのピザ作りでした。

グルマンには、石窯があります。当然、修理が必要な時があります。そんなとき、どこでも修理できるわけでは無いのです。

日本で一番といわれる修理工場が群馬にあります。社長がその工場に石窯の調整に出向いたときに、教えてもらった群馬で一番のピザ屋さんから、こっそり教えてもらったピザ生地レシピを応用してグルマンオリジナルの生地を完成しました。

小麦粉は、オール国産。天然酵母での発酵です。

チーズは、本場イタリアのモッツアレラ。ソースは自家製のピザソース。ワクワクしてしまいます。

そんな、ピザは、もうないよ-早く作って-と掛け声をかけられてエッサホッサと出来上がってきます。

今日は、ピザ生地の焼き作業です。もうすぐ出来上がり!!

ご家族でトロ-リととけたチーズをほうばっている姿を想像するだけでにんまりします。

 

伊吹山の雪がぶ厚い。

ヤッホー 垂井から見える伊吹山の姿です。

寒さが身に染みるこの季節。節分まじかの今日ですが、まだまだ油断大敵です。